お仏壇は何の為にあるのですか?
お仏壇とは本来ご本尊を祀る祭壇で、いわば家の中のお寺のような存在でした。 しかし、現在ではご本尊を祀るというよりもご先祖様を祀るという意識が強く、ご先祖様に対しての感謝の気持ちを捧げる心安らかな場所がお仏壇なのです。
お仏壇はいつ購入すれば良いのですか?
特に購入時期というものはありませんが49日(35日)の忌明けまでに準備される方が良いと思います。 また、お仏壇が家に納められるというのは、仏様をお迎えするという事となりお祝い事にあたるとされています。本来は大安や仏滅といった暦は仏教とは違うものなので気にする事はありませんが、六曜に基づくお日柄は我々の生活に深く根付いたもので、気にされる方もおられる為、大安に納品する事が多いです。
お仏壇の安置場所や方向に決まりはありますか?
昔はほとんどの家に仏間があったのですが、最近では和室・仏間のない家が多くなっているため、安置場所を検討する必要があります。宗派や地域によって様々な考え方がありますが、家族が集まるリビングなど身近なところが良いでしょう。お仏壇の多くは木製のため、直射日光や冷暖房の風が直接当たらない場所が適しています。
お仏壇を購入しました。49日法要と入仏式を同時にしても良いのですか?
49日が終わるまでにお仏壇を新しく購入された場合は、ご親族様が集まる49日法要と一緒に入仏式を行なう場合が多いです。その場合は事前にお寺様にご相談下さい。
お仏壇を買い替える為、古いお仏壇を処分したいのですが…
当店で仏壇を購入して頂いた場合には、古いお仏壇をサービスで供養させて頂いております。処分のみの場合はお仏壇の大きさによって費用が変動致しますので一度ご相談下さい。
神棚とお仏壇を同じ部屋に安置しても良いですか?
神棚とお仏壇は向かい合わせてはいけないと言われています。その理由は神棚をお参りする時にお仏壇にお尻を向けて礼拝するかたちになるからです。神棚は通常高い場所に東か南向きに祀ります。本来日本では、神棚とお仏壇は役割を異にしていただけに仲が良かったのですから、並べて祀る事も良いでしょう。
お仏壇を家から移動したいのですが…
お仏壇を移動する際は、まずお寺様に魂抜きをして頂きます。それからお仏壇を移動して下さい。移動が済みましたら、もう一度お寺様に魂を入れて頂きます。
家の建て替えを機にお仏壇を新しくようと思いますが、今のお仏壇より小さくしてはいけないって聞いた事があります。本当ですか?
ご先祖様への感謝の気持ちを込めてお仏壇を大きくされる事は素晴らしい事だと思います。しかし、逆に小さくする事がいけないという事では有りません。大きさや豪華さよりもお仏壇の前に座った時に心穏やかにご先祖様と向き合う事ができ、また家族がいつでもお参りしやすい場所に安置できる大きさのお仏壇をお選びになる事が何よりも大切な事だと思います。
お仏壇の中に写真を飾っても良いのですか?
お仏壇はご本尊と位牌を安置するところで、写真をお仏壇の中に飾らないのが一般的です。しかし昨今ではあまり形式にとらわれず、自由にお祀りされている方が増えてきています。
お仏壇の扉は49日間は閉めておくと聞いたのですが…
宗派に関係なく基本的にはお仏壇の扉は開けておいて下さい。但し、お寺様によっては閉めておくように言われる場合もありますので、一度お寺様に確認して下さい。
お仏壇の寿命はどれくらいですか?
材質や仕様、またお手入れの仕方にもよって異なりますが、一般的には50年と言われています。「受け継がれてきたお仏壇を大切にしていきたい」という思いにお応えするため、当店ではお仏壇の「修理・洗濯・洗浄」を承っております。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。