《念珠(数珠)の選び方》
念珠の素材は、もともと紫檀・黒檀・水晶・翡翠・珊瑚などが主流でしたが現在では天然石や虎眼石などさまざまな素材の念珠が作られております。
お好みの色や素材の念珠をお選びいただければ良いと思います。

《石の念珠の特徴》
石の種類には、水晶・翡翠・虎眼石・オニキスなどがあります。
特に水晶は、念珠に使われる代表的な素材で、七宝のひとつに数えられ経典にも「あらゆる報障を除滅し、一切の悪業染着すること能わず」と説かれています。
手にするとヒンヤリした感触また、ずっしりとした重量感があるのが特徴です。

《木の念珠の特徴》
木の素材には、紫檀・黒檀・鉄刀木(たがやさん)・白檀・栴檀などがあります。
木の実には、星月菩提樹(せいげつぼだいじゅ)、金剛菩提樹(こんごうぼだいじゅ)などが 代表的です。
菩提樹は、お釈迦さまがその下で悟りを開かれたという木でその実でつくられた念珠は昔から尊ばれ、経典にも「無量の福、最勝の益を得る」と説かれています。
使い込むほどに念珠の表面が妖艶な艶を出し、風合いや重厚感が増して来ます。
素材が軽く使い勝手の良いのが特徴です。