親戚や故人と親しかった方は、故人の供養のためにいろいろなお供え物をしますが、
盆提灯はお供えとして最高のものとされています。
新盆を迎えた家へ、親戚や故人と親しかった方が、盆提灯を贈るという習わしは古くからあります。
贈られた盆提灯は、多ければ多いほど故人が周囲の方々から慕われていたことを示すものです。
贈る側も故人に対する感謝の気持ちを込めて贈ります。

いただいた盆提灯は、精霊棚(しょうりょうだな)や仏壇の前に飾り、お盆を迎える準備を整えます。
新盆の家では、初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための目印として、新盆用の白提灯を、
玄関や部屋の窓際、仏壇の前などに吊るします。
盆提灯は、宗派による違いはありません。
どの宗派でも盆提灯を飾りますが、地域の慣習によって盆提灯の種類が多少異なる場合があります。